四季のある庭を実現するポイント

庭付き一戸建てでガーデニングを楽しもう

注文住宅の最大のメリットは、自分の好きなように好みの間取りで家を建てられることですよね。その際、是非お勧めしたいのが「庭」のスペースを確保することです。狭くても良いので、四季を感じられる自分だけの庭をつくって自然を感じられるようにしましょう。
まず、庭をつくるにあたってその目的を考えましょう。「見る庭」と「使う庭」の2通りに分かれます。
見る庭とは、リビングやお風呂からの眺めを楽しみたい人向けで、季節感を感じられる樹木などを植えるのが雰囲気が出て良いですね。
使う庭とは、子供や犬などが遊びまわれる、ガーデンパーティーをしたい等アウトドア主体の人向けですね。このタイプは、ある程度自由に動けるような庭の面積が必要になります。

自分でメンテナンスして四季を楽しむ

せっかく新築住宅を建てて憧れの庭を手に入れたとしても、庭のお手入れを怠ってしまっては宝の持ち腐れですよね。「庭も生き物」という考え方が大事ですよ。
さて、お庭の中で中心的な存在となるのが「シンボルツリー」といわれるものです。文字通り家や庭のシンボルとなる樹のことですね。いろいろなタイプの樹がありますが、おすすめしたいのがジューンベリーなどの落葉樹です。温かくなると花が咲き実がなり、冬になると葉が落ちるので季節感を出しやすい、見ていて楽しい植物ですよ。その他にもグラウンドカバーによく使われる低く広がるタイプの植物や、垂直方向にも伸びるツル性の植物など、お庭の立体感を考えながらデザインしていきましょう。
何れにせよ大事なことは、自分の力でメンテナンスすることです。DIYすることで季節を感じることができ、四季にあった庭づくりが自然とできるようになります。

建売住宅をリノベーションし理想の住宅へと造り替える方が増加しています。中古住宅でもリノベーションにより新築同様に変えることができるので人気です。