庭で家庭菜園をする場合の設計のコツ

日当たりが良い場所を選ぼう

猫の額ほどの庭でも家庭菜園を作る事が出来るのですが、家庭菜園を作る時の場所選びの基本は日当たりが良い環境に作る事が大切です。
住宅の土地と言うのは南向きや西向きなど色々なものがありますが、家の周囲には必ず南に面している場所があり、南側には大きさに関係なく庭を設けていると言うケースが多いですよね。
太陽は東から南へ移動、夕方には西側に沈むため、東側から西側にかけての場所に家庭菜園を作れば植物に日光を与えてあげられるわけです。
家庭菜園で栽培する野菜の種類にもよりますが、夏場の野菜を主に考えるのであれば南側から西側に向いている場所に家庭菜園を作ってあげれば成長にも良い影響を与えてあげられるので収穫も期待が出来ますよ。

水ははけが良い場所を選ぼう

家庭菜園を作ったところ、大雨が降って家庭菜園が水浸しになり、しかも水はけが悪いので根腐れしてしまったと言う経験を持つ人は多いのではないでしょうか。
家庭菜園は日当たりが良い場所だけではなく、水はけが良い場所を選ぶ必要があります。
但し、日当たりは太陽の向きに関係するので選択肢は狭くなりますが、水はけが悪い環境と言うのは改善の余地があります。
雨が降った時に、家庭菜園に水たまりが出来やすい理由は、土壌の中に粘土層があり、水を浸み込み難くしているからなのです。
家庭菜園を作る時に土を掘り喘げて粘土層がある場合は土壌改良を行い、水の吸いこみを良くしてあげる、周りよりも少し高い場所に家庭菜園を作ると言った工夫を行ってあげれば根腐れする事もなく野菜の収穫が期待出来ますよ。

分譲住宅は、閑静な住宅街に立地している場合が多く、快適な住環境を求めている人でも安心して物件探しを行えます。